読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タカダ薬局の「若先生」健康について語るブログ

健康にまつわる話を、体験も交えて語ります

【続】うんち出てますか?

小さなクスリ屋の「若先生」です。

前回は、「うんち」の大切さを語った訳ですが、今回は「うんち」の状態から、ある程度体の中の状態が分かる、

「うんちセルフチェック」

について書こうと思います。

皆さんは、毎日どんな「うんち」をしているか観察したことはありますか?

形、色、におい、量と、実は「うんち」から得られる情報は結構たくさんあります。

では、実際どんな「うんち」が、どのような可能性のある「うんち」なのかを示していきたいと思います。

 

まずは、です

 

f:id:takada-ph:20170416201844j:plain黒いうんち

腸の老廃物が腐敗すると、うんちは黒色に。消化管のどこかで出血していると血の成分でうんちが黒くなることあるので要注意!他にも、貧血で病院から鉄の薬をもらって飲んでる方も、鉄の成分がうんち中に入り黒くなることあります。

f:id:takada-ph:20170416202243j:plain赤いうんち

大腸や肛門から出血している可能性があります。黒いうんちと違う所は、出欠部位が、肛門に近いことで、血液の赤い成分が黒くなる前にうんちとして出てくるためです。

f:id:takada-ph:20170416202535j:plain黄色い・黄褐色のうんち

形や量が申し分ない状態であれば、善玉菌が多い理想的な腸内環境と言えます。

f:id:takada-ph:20170416202848j:plain緑うんち

食べ物や飲んでいる薬の影響を受けた可能性があり。量や形が良い状態なら、まずが心配ないうんち。

f:id:takada-ph:20170416203144j:plain灰色うんち

肝臓や膵臓、胆のうの病気による消化不良の疑いがあります。また、胃の検査に使われるバリウム摂取後のうんちもこの色になります。

因みに、「若先生」は毎日、「黄褐色のうんち」です

THE 健康~(^^♪

次は、です

f:id:takada-ph:20170416204122j:plain水様状

うんちに水分が90%以上含まれている、いわゆる下痢便。ほとんど水状で、黄色と茶色以外は要注意の形。特に、赤い血便が出た場合は、すぐに受診することを勧めます。

f:id:takada-ph:20170416204707j:plain泥状

水分が90%程度の下痢で、水分が多い泥のような状態。水様状と同じく、色に注意!

f:id:takada-ph:20170416205117j:plainとぐろ状

水分が80%程度含まれ、トイレットペーパーで拭いた時、少しつく位の軟らかさ。色や、においに異常がなければ、まず健康なうんち。

f:id:takada-ph:20170416205349j:plainバナナ状

水分が70%程度で、程よい軟らかさあるうんち。ちょっといきんだだけで、バナナ位の太さのうんちがスルッとでてきます。理想のうんち。

f:id:takada-ph:20170416205622j:plainコロコロ状態(兎糞便)

水分が60%以下で、ウサギのうんちのような、細切れの便秘状態。色やにおいに異常がある場合は、何かしらの病気の可能性も考えられます。

「若先生」は、ほぼバナナ状うんちです

ほとんどのうんちが、水分で構成されているのがよくわかりますね(^-^)

 

次に、においです

f:id:takada-ph:20170416210130j:plain強烈な悪臭

強烈な悪臭が出るのは、悪玉菌が増殖している証拠です。腸内環境を整える必要があります。ただし、ニンニクなどの香りの強い野菜を食べた後も、強く臭うことがあります。

f:id:takada-ph:20170416210726j:plainほどほどのにおい

自分で、「くさい」と思わない程度であれば、善玉菌が頑張っている健康なうんちの状態です。

 

最後に、です

f:id:takada-ph:20170416211133j:plainバナナ1本分より少ない

食物繊維の摂取量が足りない為に、スムーズなうんちをする為に必要なうんちのカサが足りない状態。

f:id:takada-ph:20170416211233j:plainバナナ1本分程度

程よい、理想的な量のうんち。

f:id:takada-ph:20170416211332j:plainバナナ1本分より多い

食物繊維の摂取量が多く、大変良い状態。しかし、色や形に異常がある場合には要注意!

 

さて、如何だったでしょうか?うんちの、色、形、におい、量の組み合わせで、自分の身体の状態がある程度把握できますね。

「若先生」は自分のうんちも観察しまずが、赤ちゃんのうんちはより観察します。

 

結構臭かったりするときは、あまり調子が良くないことが多いとか、

 

ころころうんちの時は、一日の水分の摂取量が足りなかったんだな~とか

 

黒っぽいいろのうんちの時には、ちょっと腸の働き悪くなってるな~、食べ物に注意しようとか

 

色々考えることができて、おむつ交換の時は、妻とよく状態をシェアしていたりします。

 

大人になるにつれ、食生活の乱れが大きくなります。日頃より、腸内環境を整えていくことが本当に重要になります。

「腸活」は、今の時代大切ですよ。

 

次回は、「腸活」にオススメな商品を紹介しようと思います。