読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タカダ薬局の「若先生」健康について語るブログ

健康にまつわる話を、体験も交えて語ります

ちょっと一息、子供の鼻血には理由がある(体験談より)

小さなクスリ屋の「若先生」です

最近固い話が多かったので、今日は、鼻血について、語ろうと思います

若先生の一番上のイッチュ(あだ名)は、よく鼻血をだします。

時には、ダブルで(笑)

f:id:takada-ph:20170504070920j:plain

あたり一面を血の海に変える事はよくありますが、なぜ鼻血が出るのか?

子供の鼻血は、よく鼻の微粘膜が弱いために、ちょっとしたことで血管が切れやすいと言われています。

その場合の出血は、見た目ほど出てはいませんし、比較的すぐに止まります。

しかし、イッチュの鼻血は半端ないほど出ます。

何せ、ダブルですから

さて、人は、色々な方法で体にこもった熱(気)を出します。

それは、汗だったり(発汗)、小便だったり、大便だったり(下す)。

また、気・血・水という考え方があります。

この3つは、体内でバランスをとっています。

因みに、「水」とは、体液全般を指します。

バランスが崩れると、血の流れが滞ったり、水分をうまくさばけなかったり、気がうまく巡らなかったりします。

 

f:id:takada-ph:20170504065551p:plain

なので、バランスが崩れたり、処理が追い付かないときがあります。

その時には、身体の緊急処置として鼻血がでます。

脳は、極度の熱に弱く、高温のままでは、障害をもたらしてしまいます。

子供は、気のかたまりで、体内に気が充実しています。これが、うまく発散されない場合、脳の方にも必要以上の熱(気)が溜まってしまうので、脳を守るために鼻血として熱を出すわけです。血が熱を持つわけです。

つまり、ある程度冷却するまでは、止まりにくい事があるかもしれませんので慌てずに対応するといいでしょう。

とはいっても、やっぱり子供の鼻血は慌てますよね

あまり止まらなすぎる場合は、違う原因も考えられるので、その時は、医療機関への受診をお願いしますね。

 

熱を溜めすぎない身体の自然な反応。まさに神秘ですね😃